| Next»
nullドメーヌ・ド・クロヴァロン レ・ゼール IGP ペイ・デロー


ドメーヌ・ド・クロヴァロン レ・ゼール IGP ペイ・デロー
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:ヴィオニエ種





クロヴァロンは、カトリーヌ・ロックによって南仏に創設された小さなドメーヌです。設立当初よりビオロジックを実践し、現在は全ての畑でビオディナミによる栽培を行い、全てのワインが厳格なデメテールの認証を受けています。全房発酵と野生酵母のみによるナチュラルな醸造を行い、南仏のワインでありながらフィネスと冷涼感、エレガントさを備えたブルゴーニュワインのスタイルで造られています。発酵前半はステレンスタンクで行い、後半にはオーク樽に移し発酵を進ませ、その後、引き続きオーク樽でマロラクティック発酵と熟成を行います。熟成はシュール・リーの状態で実施し、澱引きも清澄も濾過も行わずに瓶詰め。SO2トータルは39mg /L。総生産量は3,500本。
nullドメーヌ・ポール・マス ル・ロゼ IGP ペイ・ドック


ドメーヌ・ポール・マス ル・ロゼ IGP ペイ・ドック
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:グルナッシュ・グリ種35%、グルナッシュ種30%、ピノ・グリ種15%、カラドック種10%、サンソー種10%



南仏の瑞々しいフルーツやお花を連想させる鮮やかなロゼワイン。夜間に収穫された葡萄を使用したこだわり品。華やかなチェリーやザクロなどのアロマと、フレッシュで余韻の長い果実味がはじける1本です。
nullマス・ド・ヴォルク ヴォルカエ デュシェ・デュゼ


マス・ド・ヴォルク ヴォルカエ デュシェ・デュゼ
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:シラー種40%、グルナッシュ種35%、カリニャン種25%




デュシェ・デュゼという産地は、南仏というよりローヌ地方寄り、アヴィニョンのすぐ西に位置する、ほぼローヌ南部といっても過言ではない場所です。ヴォルカエとは、紀元前200年代ごろまでこの地方で暮らしていたヴォルカエ族にあやかったもの。濃密な果実味、アルコールの熱さ、容赦なく舌の上に投げ出されるボディの重みのあるリッチな味わいのワインです。
nullドメーヌ・ド・ロラン フィトゥ


ドメーヌ・ド・ロラン フィトゥ
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:カリニャン種60%、グルナッシュ種30%、シラー種10%




葡萄は有機栽培で育てられ、除草剤や化学的な農薬は一切使用していません。常に山から乾いた風が吹くため、葡萄畑は健全な状態に保たれます。葡萄の平均樹齢は40年、最も若いもので15年、古いものは100年近くの樹も含まれています。カリニャン種は深い色合いと構成を、グルナッシュ種は滑らかさを、シラー種は豊かな風味と余韻をワインに与えています。味わいは力強く、余韻には、凝縮された果実味の風味が続きます。
nullルー・デュモン フレンズ ヴァン・ド・フランス


ルー・デュモン フレンズ ヴァン・ド・フランス
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:グルナッシュ・グリ種70%、グルナッシュ・ブラン種25%、ミュスカ種5%




仲田さんとスタジオ・ジブリのコラボシリーズでオレンジワインが登場です。ピレネー山脈麓、地中海に面したサルス・ル・シャトー村産のグルナッシュ・グリ種70%、グルナッシュ・ブラン種25%、ミュスカ種5%のブレンド。平均樹齢40年。ビオロジック栽培(「Bureau Veritas」認証)。ステンレスタンクを使用し、すべて全房で低温マセラシオンを行った後、天然酵母のみで発酵。4ヶ月間熟成後、清澄は行わず、軽くフィルターをかけてビン詰め。「オレンジワインは幅広い料理に合わせられるフードフレンドリーなワインであり、また、友達と気軽に楽しめるスタイルのワインでもあるので、「フレンズ」と名付けました。
nullルー・デュモン シャルドネ ペイ・ドック


ルー・デュモン シャルドネ ペイ・ドック
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:シャルドネ種





この度、スタジオジブリのプロデューサーであり書家としても活躍中の鈴木敏夫氏が、フランス・ブルゴーニュ在住のワイン醸造家「ルー・デュモン」仲田晃司氏プロデュースのワインラベルを手がけました。ラベルの「天地人」「Chardonnay」の文字は、鈴木氏愛用の熊野筆にて書き下ろし。ラベル右下の落款は、アニメーション映画監督・宮崎駿氏によるデザインです。標高350~500mの粘土石灰質土壌の畑より。平均樹齢15年。ステンレスタンクで発酵後、シュール・リーで約半年間熟成。仲田氏曰く「シャルドネ種は、南仏らしい、フルーティでコクのあるものをセレクトしました」。
nullマルキ・ド・ボーラン グルナッシュ・シラー ロゼ ペイ・ドック


マルキ・ド・ボーラン グルナッシュ・シラー ロゼ ペイ・ドック
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:グルナッシュ種、シラー種




南フランスの生産者協同組合フォンカリユ社が造る旨安ロゼ。このロゼは地元品種のグルナッシュ種60%とシラー種40%のブレンド。目にも鮮やかな濃厚な桜色、素直な果実味が特徴のすっきりしたフレッシュな飲み口が特長です。
nullドメーヌ・ド・クロヴァロン レ・ゼール IGP ペイ・ドック


ドメーヌ・ド・クロヴァロン レ・ゼール IGP ペイ・ドック
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:ヴィオニエ種





クロヴァロンは、カトリーヌ・ロックによって南仏に創設された小さなドメーヌです。設立当初よりビオロジックを実践し、現在は全ての畑でビオディナミによる栽培を行い、全てのワインが厳格なデメテールの認証を受けています。全房発酵と野生酵母のみによるナチュラルな醸造を行い、南仏のワインでありながらフィネスと冷涼感、エレガントさを備えたブルゴーニュワインのスタイルで造られています。発酵前半はステレンスタンクで行い、後半にはオーク樽に移し発酵を進ませ、その後、引き続きオーク樽でマロラクティック発酵と熟成を行います。熟成はシュール・リーの状態で10ヶ月間。澱引きも清澄も濾過も行わずに瓶詰め。ヴィオニエ種100%。SO2トータルは11mg /L。総生産量は2,100本。
nullドメ-ヌ・ルドガー ラ・マリオール ヴァン・ド・フランス


ドメ-ヌ・ルドガー ラ・マリオール ヴァン・ド・フランス
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:カリニャン種80%、ガルナッチャ種、アリカンテ種、テレ種、サンソー種




ドメーヌ・ルドガーはピレネー東部の地中海沿岸地帯、フェラル=レ=コルビエールという村に位置し、現在4代目となるグザヴィエ・ルドガー氏とその弟マチュー氏によって管理されています。所有する石灰質土壌の22haの葡萄畑は、太陽の光が十分に降り注ぐ土地で、バラエティーに富んだ品種が栽培されています。ラ・マリオールに使用されている葡萄はビオディナミ農法により管理され、主要品種であるカリニャン種には1880年~1910年に植えられたものも使用されています。カリニャン種80%、ガルナッチャ種、アリカンテ種、テレ種、サンソー種のブレンド。野生酵母による発酵。酸化防止剤はごく少量の使用(25ml/g)。ノンフィルターによる瓶詰。
nullパザ ル・ピジョニエ コスティエール・ド・ニ-ム ルージュ


パザ ル・ピジョニエ コスティエール・ド・ニ-ム ルージュ
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:シラー種50%、カリニャン種20%、マルセラン種20%、グルナッシュ種10%



南仏ラングドック地方でも人気の産地コスティエール・ド・ニーム地区の赤。地元のパザ共同組合で造られたこの赤は、シラー種50%、カリニャン種20%、マルセラン種20%、グルナッシュ種10%のブレンド。発酵後に伝統的な大樽で6ヵ月熟成させてから瓶詰めしました。アルコールは14.5%と高く、完熟した良質な葡萄から造られたのでしょう。肉付きが良く、果実味とスパイス感が楽しめるお値打ちワインです。
| Next»