nullマス・ド・ヴォルク ヴォルカエ デュシェ・デュゼ


マス・ド・ヴォルク ヴォルカエ デュシェ・デュゼ
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:シラー種40%、グルナッシュ種35%、カリニャン種25%




デュシェ・デュゼという産地は、南仏というよりローヌ地方寄り、アヴィニョンのすぐ西に位置する、ほぼローヌ南部といっても過言ではない場所です。ヴォルカエとは、紀元前200年代ごろまでこの地方で暮らしていたヴォルカエ族にあやかったもの。濃密な果実味、アルコールの熱さ、容赦なく舌の上に投げ出されるボディの重みのあるリッチな味わいのワインです。
nullドメーヌ・ド・ロラン フィトゥ


ドメーヌ・ド・ロラン フィトゥ
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:カリニャン種60%、グルナッシュ種30%、シラー種10%




葡萄は有機栽培で育てられ、除草剤や化学的な農薬は一切使用していません。常に山から乾いた風が吹くため、葡萄畑は健全な状態に保たれます。葡萄の平均樹齢は40年、最も若いもので15年、古いものは100年近くの樹も含まれています。カリニャン種は深い色合いと構成を、グルナッシュ種は滑らかさを、シラー種は豊かな風味と余韻をワインに与えています。味わいは力強く、余韻には、凝縮された果実味の風味が続きます。
nullルー・デュモン フレンズ ヴァン・ド・フランス


ルー・デュモン フレンズ ヴァン・ド・フランス
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:グルナッシュ・グリ種70%、グルナッシュ・ブラン種25%、ミュスカ種5%




仲田さんとスタジオ・ジブリのコラボシリーズでオレンジワインが登場です。ピレネー山脈麓、地中海に面したサルス・ル・シャトー村産のグルナッシュ・グリ種70%、グルナッシュ・ブラン種25%、ミュスカ種5%のブレンド。平均樹齢40年。ビオロジック栽培(「Bureau Veritas」認証)。ステンレスタンクを使用し、すべて全房で低温マセラシオンを行った後、天然酵母のみで発酵。4ヶ月間熟成後、清澄は行わず、軽くフィルターをかけてビン詰め。「オレンジワインは幅広い料理に合わせられるフードフレンドリーなワインであり、また、友達と気軽に楽しめるスタイルのワインでもあるので、「フレンズ」と名付けました。
nullルー・デュモン シャルドネ ペイ・ドック


ルー・デュモン シャルドネ ペイ・ドック
生産地:フランス ラングドック
葡萄品種:シャルドネ種





この度、スタジオジブリのプロデューサーであり書家としても活躍中の鈴木敏夫氏が、フランス・ブルゴーニュ在住のワイン醸造家「ルー・デュモン」仲田晃司氏プロデュースのワインラベルを手がけました。ラベルの「天地人」「Chardonnay」の文字は、鈴木氏愛用の熊野筆にて書き下ろし。ラベル右下の落款は、アニメーション映画監督・宮崎駿氏によるデザインです。標高350~500mの粘土石灰質土壌の畑より。平均樹齢15年。ステンレスタンクで発酵後、シュール・リーで約半年間熟成。仲田氏曰く「シャルドネ種は、南仏らしい、フルーティでコクのあるものをセレクトしました」。
nullベルトラン・アンブロワーズ サン・ロマン ブラン


ベルトラン・アンブロワーズ サン・ロマン ブラン
生産地:フランス ブルゴーニュ
葡萄品種:シャルドネ種





ニュイ村の隣プレモー・プリセ村で、豊かな味わいのワインを造っている生産者。当然、赤で知られる造り手ですが、ここでは白も良質でなので注目です。サン・ロマン村はサン・トーバン村の奥に位置するため、知名度が低くお値打ち品が多く見つかる村。作柄の良かった2018年産は、完熟した果実味と木樽の風味が楽しめる事でしょう。RWG(リアルワインガイド誌)で「このワインはお買い得で、いつも本当にいい」とコメントし、90~91点評価しています。
nullジェノ・ブーランジェール ボーヌ ブラン アン・リュリュンヌ


ジェノ・ブーランジェール ボーヌ ブラン アン・リュリュンヌ
生産地:フランス ブルゴーニュ
葡萄品種:シャルドネ種




2008年から現当主が引き継ぎ、評価を上げているムルソー村の生産者。ビオディナミ栽培に移行し、2018年から有機のAB認証取得。ボーヌ村リュリュンヌ畑は、ポマール村に接する南向き斜面の最上部。2割新樽の小樽と自然酵母で発酵と熟成(12ヶ月)を行い、さらにタンクで6ヶ月寝かされます。斜面最上部の涼しさと、南向き斜面の豊かさが楽しめるバランスの良いシャルドネです。仏ベタンヌ&ドゥソーヴ誌でこの生産者は3星評価とビオマークが付いています。
nullクレール・ノーダン ラ・プラント ブルゴーニュ ピノ・ノワール


クレール・ノーダン ラ・プラント ブルゴーニュ ピノ・ノワール
生産地:フランス ブルゴーニュ
葡萄品種:ピノ・ノワール種




クレール・ノーダンは、ドメーヌ・アンリ・ノーダン・フェランの現当主クレール・ノーダン(ジャン・イヴ・ビゾの妻)がドメーヌを引き継いだ折に、代々受け継がれてきたクラシック・スタイルとは別に生産する、より自然な栽培、醸造方法によって造られたヴァン・ナチュール・レンジになります。ぺルナン・ヴェルジュレス村に近いEn Daisey区画のピノ・ノワール種を使用。収穫時とセラーの選果台で厳密に選果された葡萄は内部をエポキシ樹脂でコーティングされたコンクリート製の発酵槽で野生酵母を用いて発酵。マセラシオンは10日間で、木樽を使用せず熟成させています。SO2含有量は38mg/L。ポンプ不使用。
nullルロワ コトー・ブルギニヨン ルージュ


ルロワ コトー・ブルギニヨン ルージュ
生産地:フランス ブルゴーニュ
葡萄品種:ガメイ種、ピノ・ノワール種





メゾン・ルロワは、マダム・ルロワ女史が厳格に選別した良質ワインを自社セラーで熟成させ、飲み頃になってから出荷するルロワのネゴシアン部門になります。イチゴやイチジクの新鮮な果実の風味が楽しめるフルーティなワインです。2018年はガメイ種とピノ・ノワール種のブレンド。
nullジャン・シャルトロン リュリー ブラン モンモラン


ジャン・シャルトロン リュリー ブラン モンモラン
生産地:フランス ブルゴーニュ
葡萄品種:シャルドネ種





1859年に樽職人だったジャン・エドゥアール・デュパール氏によって設立され、5代に渡り継承されてきたドメーヌ。デュパール氏は「ピュリニー」村の村長だった時に、村名に「モンラッシェ」を加え「ピュリニー・モンラッシェ」村とする正式な許可を得た人物。1988年に植えられた、メルキュレ村との境目にある丘の上に位置している畑。シャルトロンが2006年から生産しています。8ヶ月樽熟成(新樽率10%)後、タンクで4ヶ月熟成。熟した果実とデニッシュのような、ほのかにバニラを感じる甘い香り。フレッシュな口あたりにミネラルを思わせる風味があり見事にバランスが取れたワインです。パーカー87点評価。
nullルー・デュモン ブルゴーニュ ブラン キュヴェ・ファミーユ


ルー・デュモン ブルゴーニュ ブラン キュヴェ・ファミーユ
生産地:フランス ブルゴーニュ
葡萄品種:シャルドネ種




蔵元のオーナーはブルゴーニュに魅了され、ジュヴレ村に暮らし、ワインの造り手となった日本人、仲田晃司さん。氏曰く「ルー・デュモンを創業してから丸10年が経ちました。ひとつの区切りとして、ここまで一緒に頑張ってくれた家内と、家族(ファミーユ)のみんなに感謝の気持ちを捧げたい」という思いで2008年ヴィンテージからリリースされた特別作品です。ワインは、「ビュロー・ヴェリタス」の認証を受けたビオロジー(有機)栽培葡萄100%で造られた、秀逸なAOCヴィレ・クレッセを格下げしたものです。平均樹齢30年。収穫量30hl/ha。天然酵母のみで発酵。ステンレスタンクで17ヶ月間熟成。活躍中の版画家・宮崎敬介氏が手がけた特別コラボレーションラベルです。