nullラヴァンチュール オプティマス パソ・ロブレス


ラヴァンチュール オプティマス パソ・ロブレス
生産地:アメリカ カリフォルニア
葡萄品種:シラー種42%、カベルネ・ソーヴィニヨン種33%、プティ・ヴェルド種25%




サン・テミリオン村のシャトー・オーナーだったステファン・アセオ氏は、仏のワイン法の強引さに嫌気がさしてフランスを離れます。新天地を求めて世界中の産地を2年間かけて回り、カリフォルニアのパソ・ロブレス地区に畑を購入しました。ワイナリー名は冒険を意味する仏語「ラヴァンチュール」、ワイン名は最上を意味するオプティマスとしました。シラー種42%、カベルネ・ソーヴィニヨン種33%、プティ・ヴェルド種25%を新樽6割で14ヵ月熟成したワインは、まさに北ローヌとボルドーのブレンド。濃縮した果実味と、スパイシーさが調和し、ワイン・アドヴォケイト誌で92点評価を受けています。