nullタキザワ・ワイナリー タキザワ・ロゼ


タキザワ・ワイナリー タキザワ・ロゼ
生産地:日本 北海道
葡萄品種:旅路種35%、キャンベル・アーリー種28%、ソーヴィニヨン・ブラン種21%、デラウエア種16%




タキザワ・ロゼ19年の葡萄は、醸し(果皮を漬け込み)発酵の旅路種35%、キャンベル・アーリー種28%、ソーヴィニヨン・ブラン種21%、デラウエア種16%の4品種。この年は開花時期にも恵まれ、夏も暑かったために、量、質共に優れた作柄でした。各品種は自然酵母でアルコール発酵後、自然なマロ・ラクティック発酵を経てブレンド。極少量のSO2を添加後、ノン・フィルターで瓶詰しました。19年産は三笠の自社畑産ソーヴィニヨン・ブラン種が2割も入っている為、フレッシュな果実味にミネラル感が感じられるそうです。ワインは今から楽しめますが、半年後ぐらいからはより表情が開いて来るでしょう。