nullジャン・ルイ・ライヤール ヴォーヌ・ロマネ


ジャン・ルイ・ライヤール ヴォーヌ・ロマネ
生産地:フランス ブルゴーニュ
葡萄品種:ピノ・ノワール種





DRC(ロマネコンティ)で働いていた両親の間に生まれたライヤール氏は、自らもDRCで働き、その後ネゴシアン等でも経験を経て独立。有機栽培(完全な有機農法へ転換中)、馬による耕作、非除梗、無清澄、無濾過などDRCから受け継いだ方法を実践しています。このヴォーヌ・ロマネ村は標高の高い斜面上部と、標高の低い斜面下部の区画をブレンドすることで、繊細で複雑なワインとなっています。