nullホッフキルシュ スタインブルック ピノ・ノワール ヘンティ

ホッフキルシュ スタインブルック 
ピノ・ノワール ヘンティ
生産地:オーストラリア ヴィクトリア
葡萄品種:ピノ・ノワール種


放射線技師だったジョン・ナゴルカ氏が1990年、
1.2haの畑に植樹したことがワイナリーの始まりです。
除草剤や農薬の使用はもとより、灌漑さえも一切行っておらず、
05年にはデメテールの有機認証を取得。
醸造は野生酵母で醗酵、清澄も濾過もしておりません。
SO2はボトリング時の最小限の添加に留めております。
スタインベックとは石切り場の意味で、
かつてこの地に在った玄武岩の石切り場に
植樹をしたことからこの名がつきました。
チェリーや粘土、キノコの香り、
果実味の目が詰まっていて凝縮はしているのに
ジャミーな風味は無く、何処までも美しく均整のとれた味わいです。