nullエマニュエル・ジブロ テッレ・ブルゴンデ ルージュ IGP サント・マリー・ラ・ブランシュ<br />

エマニュエル・ジブロ テッレ・ブルゴンデ 
ルージュ IGP サント・マリー・ラ・ブランシュ
生産地:フランス ブルゴーニュ
葡萄品種:ピノ・ノワール種


ボーヌ村に本拠を構え、
合計10.3ヘクタール所有するドメーヌ。
ブルゴーニュ地方のビオ栽培の草分け的存在として、
1985年から有機農法を開始し、
1996年からはビオディナミを実践しています。
醸造はテロワールが最大限発揮されるよう
人為的操作を殆ど行わず、天然酵母で発酵し、
必要最小限のSO2を使用するに留めています。
テッレ・ブルゴンデは、
ボーヌ村の南東約5kmに位置する
コンベルトー村の葡萄から造られた
IGP規格のワインになります。