| Next»
nullポール・ジャブレ・エネ クローズ・エルミタージュ ルージュ ドメーヌ・ド・タラベール


ポール・ジャブレ・エネ クローズ・エルミタージュ ルージュ ドメーヌ・ド・タラベール
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:シラー種




選りすぐりのシラー種100%で醸される一本で、伝統的な手法を用いて慎重に慎重を重ね、大切に仕上げられる品。12ヶ月間のフレンチオーク樽熟成を経て世に送られるワインは、深いルビー色と、赤い果実や動物香が混じり合った強いブーケを有しており、口蓋にしっかりとしたアタックを与えた後、バランスの取れたフィニッシュを迎えます。アシェット誌1つ星評価。
nullギガル シャトーヌフ・デュ・パプ


ギガル シャトーヌフ・デュ・パプ
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:グルナッシュ種70%、ムールヴェードル種15%、シラー種10%、他




品種は古木のグルナッシュ種70%、ムールヴェードル種15%、シラー種10%、他。タンクで約20日間の発酵後、大樽で36ヵ月間熟成。熟成を経た13年産が入荷しました。仏ベタンヌ&デソーヴ誌では、16.5点/20の評価を受けています。
nullドメーヌ・ド・フォンドレッシュ ル・ヴァン・ナチュール


ドメーヌ・ド・フォンドレッシュ ル・ヴァン・ナチュール
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:グルナッシュ種30%、シラー種30、ムールヴェードル30%、サンソー種10%




ドメーヌ・ド・フォンドレッシュの若きオーナー、セバスチャン・ヴァンサンティは1991年に葡萄畑を手に入れ、以来テロワールを表現するワイン造りに情熱をかたむけています。ル・ヴァン・ナチュールは亜硫酸無添加の赤ワイン。甘草系のスパイス、滑らかなタンニンとふくよかな味わいです。
nullギガル エルミタージュ ルージュ


ギガル エルミタージュ ルージュ
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:シラー種





ボーム、メアル、ベサール、エルミット、4区画で平均樹齢30年のシラー種を、
温度を調節しながら4週間の長期醸し発酵。50%の新樽率で40ヶ月樽熟成。
スパイシーかつ筋肉質な味わいで、パーカー・ポイントは92点+の
高評価を受けています。
nullギガル クローズ・エルミタージュ ルージュ


ギガル クローズ・エルミタージュ ルージュ
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:シラー種





実力、知名度ともに他を圧倒する造り手ギガル。
有名なエルミタージュ村の近隣で栽培されたシラー種100%で造る赤。
旨みが凝縮した果実味を持ちながら、さわやかさも感じられる
バランスの良いワインです。
nullギガル コート・ロティ ブリュヌ・エ・ブロンド


ギガル コート・ロティ ブリュヌ・エ・ブロンド
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:シラー種96%、ヴィオニエ種4%





北部ローヌの雄E.ギガル社。そしてギガルと言えば
コート・ロティと言われるほどにシラー種とヴィオニエ種(白ブドウ)から
素晴らしいワインを生みだします。今回は熟成した2005年をご紹介です。
落ち着いたルビー色からガーネット色。スパイスとドライフルーツに
キノコの香り僅かに動物系のニュアンスを感じられ今後の熟成も楽しみな逸品。
パーカーポイント93点の秀作。
nullメゾン・プラントヴァン ラストー キュヴェ・レ・プルミエ・パ・ド・ナオ


メゾン・プラントヴァン ラストー 
キュヴェ・レ・プルミエ・パ・ド・ナオ
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:グルナッシュ種70%、シラー種30%




2009年創業で、栽培はビオロジックで行い、
醸造も自然発酵で行うなど自然なアプローチでワイン造りを行っています。
「ナオの第一歩」と名付けられたこのキュヴェは、
プラントヴァン氏の第一子ナオが生まれた年に造り始めたものになります。
nullヴェルジェ・デュ・シュド オー・フィル・デュ・タン ヴァン・ド・ターブル ブラン ゴールド


ヴェルジェ・デュ・シュド オー・フィル・デュ・タン 
ヴァン・ド・ターブル ブラン ゴールド
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:シャルドネ種、ルーサンヌ種、ヴィオニエ種、
ソーヴィニヨン・ブラン種、グルナッシュ・ブラン種



マコン地区の雄、ギュファン・エナン氏の新たな挑戦。
南仏のリュベロン地区に所有する自社畑の葡萄と
ヴォークリューズ産を中心とした契約畑の葡萄をソレラシステムにより、
リザーヴワインと新しいワインをアッサンブラージュする事で
常に安定した品質を保っているワインです。
nullエステザルク レ・ゼール コート・デュ・ローヌ ヴィラージュ ルージュ


エステザルク レ・ゼール コート・デュ・ローヌ 
ヴィラージュ ルージュ
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:グルナッシュ種、シラー種主体、
カリニャン種、ムールヴェードル種



エステザルグ協同組合は、加入者が10名たらずという
フランス最小規模の協同組合です。有機栽培で管理されており、
化学肥料や除草剤は使用しません。その他農薬に関しても
必要最小限な場合に限り散布する「リュット・レゾネ」の手法を導入しています。
醸造所に隣接する「レ・ゼール」と名付けられた区画からのワイン。
日照に非常に恵まれた区画で、砂利の多い土壌で水はけがよく、
また風がよく吹くため乾燥し病害が起こりにくいのも特徴です。
醸造段階では亜硫酸(酸化防止剤)を用いず、自然酵母で低温発酵をしています。
ボディと酸がバランスよく、ほのかにローヌワインらしい
スパイスや野生的なニュアンスがあります。
nullダール・エ・リボ クローズ・エルミタージュ ルージュ


ダール・エ・リボ クローズ・エルミタージュ ルージュ
生産地:フランス ローヌ
葡萄品種:シラー種





北ローヌの地で、自然派ワインを代表する生産者として知られるダール・エ ・リボ。
当主のルネ・ジャン・ダール氏とフランソワ・リボ氏の
二人によって運営されるドメーヌ。ワインの評価も非常に高く、
多くのワインファンを魅了しています。その一方で、
権威的なワインジャナーリズムを嫌い、メディアへの露出が極端に少ないために、
知る人ぞ知る存在であるともいえます。このクローズ・エルミタージュは
ダール・エ・リボのスタンダードワイン。
赤系果実の果実味がエレガントで抜栓直後から開いた果実味が印象的です。
| Next»