| Next»
nullノットーラ ノットリーノ IGT トスカーナ


ノットーラ ノットリーノ IGT トスカーナ
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:プルニョーロ ジェンティーレ(サンジョベーゼ)種





コタレッラ氏がコンサルタントする、ヴィーノ・ノヴィレ・ディ・モンテプルチアーノの生産者。ここが造る入門品、ノットリーノ(定価1,700円)が特価で入荷しました。葡萄はプルニョーロ ジェンティーレ(サンジョベーゼ)種100%を、タンクで発酵、熟成させ、瓶詰め。ベリー系の果実味と、品種特有のタンニンが調和してきた頃でしょう。
nullバジーレ カルタカンタ モンテクッコ


バジーレ カルタカンタ モンテクッコ
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:サンジョベーゼ種、メルロ種





バジーレ社はトスカーナ州チニジャーノにある、ジョバンニ・バッティスタとドメニコの兄弟とその家族で運営している小さなワイナリーです。カルタカンタとは、イアリア語で歌詞カードの意味。歌詞カードは書かれている内容そのもので変更がきかない=ボトルの中身にトリックはない、という思いが込められています。有機栽培の葡萄から造られています。ブラックチェリー、プルーン、スミレ、そしてハーブのニュアンスがあります。味わいはバランスが良く、熟した香りと、持続性を高めるタンニンが強調されています。アーモンドとココアの後味が素晴らしいワインです。希望小売¥2,800のところ特別価格です。
nullブッチャ・ネラ ドンナ・パトリツィア IGT トスカーナ・ビアンコ


ブッチャ・ネラ ドンナ・パトリツィア 
IGT トスカーナ・ビアンコ
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:トレビアーノ種40%、
マルヴァジア種40%、グレケット種20%



トスカーナ州アレッツォ近郊で1916年創業の家族経営のワイナリー。約50haの畑を所有しており、土壌は主に石と砂利、加えて粘土、砂、石灰岩の混合。2002年には有機認定を取得し、醸造は自然酵母による発酵になります。マルヴァジア種特有のアロマティックな風味とトレビアーノ種のボリューム感が合わさり、飲み応えのある味わいに仕上がっています。
nullレッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ IGT


レッチャイア ロッソ・ディ・トスカーナ IGT
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:サンジョベーゼ・グロッソ種、
カベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロ種




ブルネロの生産者が地元のサンジョベーゼ・グロッソ種に、
トスカーナ南部マレンマ地区のカベルネ種とメルロ種を
3割ほどブレンドしたIGT規格の赤。
スロヴェニアン・オーク樽からのバニラの香に、
赤系果実の瑞々しい果実味が熟成を経て調和して来ました。
nullフェルシナ フォンタローロ IGT トスカーナ


フェルシナ フォンタローロ IGT トスカーナ
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:サンジョベーゼ種





フェルシナは全ての畑では「ビオロジック」が採用され、
また生物多様性の考えで葡萄樹だけでなく、色々な種の植物を畑に隣接させ、
蜜 蜂や動植物との共存を保っている蔵元です。
このフォンタローロは1983年の初ヴィンテージから高い評価を獲得し、
サンジョベーゼ種の個性とフェルシナの“テロワール”を存分に反映させたワインです。
古くから伝わるフォンタローロの畑は標高が高く石灰質の多いクラシコの畑と
標高が低く砂質、ローム、シストが混じる暖かいコッリ・セネージの異なる
タイプのサンジョベーゼ種をブレンドすることでエレガントさと
力強さを兼ね備えたワインとなっています。熟成は新樽と2年目の樽を併用。
nullフェルシナ キャンティ・クラシコ


フェルシナ キャンティ・クラシコ
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:サンジョベーゼ種





フェルシナは全ての畑では「ビオロジック」が採用され、
また生物多様性の考えで葡萄樹だけでなく、色々な種の植物を畑に隣接させ、
蜜 蜂や動植物との共存を保っている蔵元です。
このキャンティ・クラシコは 標高320~450mの色々な個性の畑を
アッサンブラージュ。上部は水晶や石灰が豊富な痩せた土壌。
下部は粘土が強く砂も多く混じる土壌。12~15日程度のマセラシオン。
発酵はステンレスタンクで自然酵母のみ。熟成はスロヴェニア・オークの大樽が中心。
nullレッチャイア ミレニウム IGT トスカーナ


レッチャイア ミレニウム IGT トスカーナ
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:サンジョベーゼ・グロッソ種85%、
カベルネ種、メルロ種15%




ブルネロの生産者が自家消費用に仕込んだワイン。
ブルネロの畑のサンジョベーゼ・グロッソ種85%に
カベルネ種とメルロ種を15%ブレンドし、
スロヴェニア・オークの大樽で72ヶ月熟成した贅沢な赤。
熟成を経た09年産は豊かな熟成香が楽しめる事でしょう。
nullグラッタマッコ ボルゲリ ロッソ スペリオーレ


グラッタマッコ ボルゲリ ロッソ スペリオーレ
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種、
メルロ種、サンジョベーゼ種




グラッタマッコは、1977年創立。ワイナリーの土地は丘の上、
海に面したカスタニェート・カルドゥッチとボルゲリの間で、
海抜100mに位置しています。このエリアは、乾燥した温暖な気候で、
夏の終わりには昼夜の寒暖差が大きくなります。
ティネッロで自然発酵、その後オーク樽で18ヶ月熟成。
フルーティで凝縮感があります。生き生きとした酸、
広がりのある余韻が感じられる非常に長命なワインで、
ジビエ、赤味肉のロースト、蒸し煮、煮込み、やや熟成したチーズとよく合います。
nullグラッタマッコ ボルゲリ ロッソ


グラッタマッコ ボルゲリ ロッソ
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種、
カベルネ・フラン種、メルロ種、サンジョベーゼ種




グラッタマッコは、1977年創立。ワイナリーの土地は丘の上、
海に面したカスタニェート・カルドゥッチとボルゲリの間で、
海抜100mに位置しています。このエリアは、乾燥した温暖な気候で、
夏の終わりには昼夜の寒暖差が大きくなります。
台形のオークの発酵槽(ティネッロ)とステンレスタンクで発酵。
2年目のバリックで10ヶ月、その後最低6ヶ月の瓶内熟成を経て
リリースされます。タンニンのバランスが良く、
複雑なアロマで穏やかなフィニッシュがあり、
肉料理、特にトスカーナの料理に合わせるのに最適です。
nullアヴィニョネージ ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ


アヴィニョネージ 
ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ
生産地:イタリア トスカーナ
葡萄品種:プルニョーロ・ジェンティーレ種
(サンジョベーゼ)種100%



14世紀にフランスからやってきた
アヴィニョネージ一族を名前の由来に持つワイナリー。
醸造所の歴史は古く、イタリア国内でも最古のものの一つに数えられます。
1974年にファルヴォ兄弟がワイナリーとして同社を創設し、
畑の整備や品種の見直しに力を入れ、
“ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ”の世界的な名声を築きました。
このワインはサンジョベーゼ種をバリック(小樽)と大樽で熟成させました。
スミレやプラムの香りとかすかなタンニンを感じさせるエレガントな、
まさに「高貴な(ノービレ)」ワインです。
| Next»