| Next»
nullラ・クロズリー・ド・カマンサック オー・メドック


ラ・クロズリー・ド・カマンサック 
オー・メドック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、
メルロ種40%



サン・ジュリアン村に隣接する
サン・ローラン村の格付け第5級
シャトー・カマンサックのセカンドワイン。
しなやかな果実味とタンニンが調和し、バランスが良いワイン。
nullCh カントナック・ブラウン マルゴー


Ch カントナック・ブラウン マルゴー
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィ二ヨン種65%、
メルロ種35%




メドック格付け第3級に属するシャトー。
カントナック村の内地区部にあり、
砂礫質土壌のカベルネ・ソーヴィニヨン種から
タニックなワインを造り出します。
nullCh ボレール ボルドー・スペリュール


Ch ボレール ボルドー・スペリュール
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:プティヴェルド種40%、
メルロ種35%、カベルネ・ソーヴィニヨン種25%




シャトーのあるマコー村はマルゴーACにも含まれる地区。
ボルドー・スペリュール規格ですが、
この08年をパーカー氏は86点評価しています。
ここではプティヴェルド種(一部80年を超える樹齢も有り)の
比率が39%と高く、他に類を見ない
果実味の濃さと豊かなタンニンが特徴です。
熟成して飲み頃が期待される08年産が入荷しました。
nullCh ベルナドット オー・メドック 1/2


Ch ベルナドット オー・メドック 1/2
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種52%、
メルロ種43%、
カベルネ・フラン種&プティ・ヴェルド種5%


1996年に銘醸ピション・ラランドが購入して以来、
設備に大改革が進められて品質が向上しています。
完熟感のある柔らかい果実味で、
しなやかなタンニンが心地よく上品な仕上がりです。
nullCh デギュイユ・ケレ カスティヨン・コート・ド・ボルドー


Ch デギュイユ・ケレ 
カスティヨン・コート・ド・ボルドー
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:メルロ種80%、
カベルネ・フラン種20%



約2ヘクタールの畑にメルロ種80%、
カベルネ・フラン種20%が栽培される小さなシャトー。
熟成には新樽を6割も使って贅沢に仕上げられます。
縁まで濃い色調を持ち、ふくよかな果実味と、
スモーキーな樽風味が香る良く出来た赤。
現地価格で11~15ユーロ(1ユーロ約135円)ですから、
日本でのこの価格はお値打ちでしょう。
nullリオン・ド・スデュイロー ソーテルヌ


リオン・ド・スデュイロー ソーテルヌ
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:セミヨン種90%、
ソーヴィニヨン・ブラン種10%




ソーテルヌ村の格付けシャトー・スデュイローが
09年より造り始めたセカンドワイン。
アプリコット、バニラなどの洗練された香りが広がり、
蜂蜜のようなとろみある甘みと爽やかな酸がバランスよく全体をまとめています。
nullプリモ・パラチュム グラーヴ ミトロジア


プリモ・パラチュム グラーヴ ミトロジア
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、
メルロ種40%




プリモ・パラチュムは、醸造家クザヴィエ・コペル氏が
仏各地の産地でポテンシャルのある畑を見つけ出し、
極低収量栽培と最良の醸造で造られた珠玉のワイン。
この赤もグラーヴ村の恵まれた砂利の畑で、
樹齢50年以上の区画の葡萄を低収量栽培し、
厳格な選別後に最新の技術で醸造し、
新樽100%で乳酸発酵と熟成(18カ月)を行い、
無清澄、ノンフィルターで瓶詰めしました。
暑かった03年産はたった3,000本の生産。
nullマルキ・ド・バルモン ボルドー・ブラン


マルキ・ド・バルモン ボルドー・ブラン
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン種50%、
セミヨン種40%、ミュスカデル種10%




1982年設立で、98年にバランドグループ傘下になり、
マルゴー4級シャトー・プレウレリシーヌの姉妹会社として
幅広いラインナップを提供しています。
ソーヴィニヨン・ブラン種50%、セミヨン種40%、
ミュスカデル種10%をステンレス発酵、熟成したワインは、
白い花と柑橘系の香り。いきいきとしてなめらかな味わいで、
全体的に良くまとまっています。
最後まで力強い余韻が長く楽しめます。
nullレ・スルス・ド・リヴラン メドック


レ・スルス・ド・リヴラン メドック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種50%、
メルロ種50%




ボルドーで沢山のシャトーを所有するリュルトン・ファミリー。
ここがメドック地区に所有するクリュ・ブルジョワ級の
シャトー・リヴランのセカンド・ワインで熟成した08年産が入荷。
畑は27ヘクタールで、カベルネ・ソーヴィニヨン種50%、
メルロ種50%が栽培されています。
ステンレスタンクで発酵後、セメントタンクで熟成。
熟成を経て2品種が混じり、調和した頃でしょう。
nullレ・ザルム・ド・ラグランジュ ボルドー・ブラン


レ・ザルム・ド・ラグランジュ ボルドー・ブラン
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン種53%、
セミヨン種36%、ミュスカデル種11%




メドック格付第3級ラグランジュがわずかに造る白ワイン。
ソーヴィニヨン・ブラン種とセミヨン種を主体とし、
花を思わせるやわらかな柑橘とオーク樽が
バランス良くまとまった味わいです。
アルコール発酵を樽内で行い、約11ヶ月間の
樽熟成をして造られています。
| Next»