| Next»
null多田農園 キャンベル&ナイヤガラ&バッカス 野生酵母


多田農園 キャンベル&ナイヤガラ&バッカス 野生酵母
生産地:日本 北海道
葡萄品種:キャンベル種ナイヤガラ種、
バッカス種




北海道産のキャンベル種53%、ナイヤガラ種36%、
バッカス種11%をブレンドした白ワイン。
以前醸造を依頼していた10R(トアール)ワイナリーの
スタイルを引き継ぎ、野生酵母で発酵させた辛口タイプ。
null奥尻ワイナリー ツバイゲルトレーベ


奥尻ワイナリー ツバイゲルトレーベ
生産地:日本 北海道
葡萄品種:ツバイゲルトレーベ種





北海道奥尻島で始まったワイナリー。
潮風の影響で独自のミネラル感が味わいの特徴です。
北海道で多く栽培される黒葡萄
ツバイゲルトレーベ種からのふくよかでスパイシーな赤。
nullオチガビ・ワイナリー ミュラー・トゥルガウ


オチガビ・ワイナリー ミュラー・トゥルガウ
生産地:日本 北海道
葡萄品種:ミュラー・トゥルガウ種





ケルナー種と共に、北海道で多く栽培される
白ワイン用葡萄品種がミュラー・トゥルガウ種です。
余市のオチガビ・ワイナリーが造るミュラー種は、
酸味が穏やかでふくよかな味わいが特徴です。
nullオチガビ・ワイナリー ケルナー


オチガビ・ワイナリー ケルナー
生産地:日本 北海道
葡萄品種:ケルナー種





ドイツからもたらされたケルナー種は、
北海道の気候に合っていたようで作付けが増えて、
今や北海道を代表する品種となりました。
余市のオチガビ・ワイナリーが造るケルナーは、
フルーティで完熟した果実味と、
酸味が調和したメリハリのあるスタイルです。
null平川ワイナリー デュアリテ


平川ワイナリー デュアリテ
生産地:日本 山梨県
葡萄品種:レゲント種





スゴン・ヴァンのファースト・ワインがこのデュアリテで、
仏語で「二元性」の意味を持つ。
レゲント種でも熟度の高い実を選りすぐり、除梗破砕を完全に行って、
35日間マセラシオン(皮と種を漬け込む)を行い、ゆっくりと発酵をさせました。
熟成は新樽4割で15ヶ月行い、ノン・フィルター瓶詰。濃いめの色調で、
スパイシーな風味に、厚みのあるボディと繊細さが両立しており、
この二面性を持つ味わいからデュアリテと名詰ました。
平川氏はブルゴーニュ型グラスで、16~18度でのサービスをお薦めしています。
レゲント種はジルヴァーナー種とミュラー・トゥルガウ種の交配種を、
さらにシャンボーソン種とかけ合わせた黒葡萄です。
nullふらのワイン 羆(ヒグマ)の晩酌


ふらのワイン 羆(ヒグマ)の晩酌
生産地:日本 北海道
葡萄品種:ふらの2号(セイベル種×山ぶどう)、
ツバイゲルトレーベ種




羆(ヒグマ)の晩酌に使用している葡萄は
自社開発のもので、山葡萄の交配品種。
辛口に仕上げスパイシーな香りが強く、父親である山葡萄のコクと
酸味を受け継いだ骨格のしっかりしたワインです。
nullマグヴィス・ワイナリー K336 穂坂 甲州


マグヴィス・ワイナリー K336 穂坂 甲州
生産地:日本 山梨県
葡萄品種:甲州種





山梨県でコンピューター用半導体の組み立てを行う塩山製作所が、
半導体製造のスタンスを持って始めた新ワイナリー。
韮崎市穂坂町の畑は山間地の南斜面。日照時間が長く、
また風通しもよく寒暖の差も大きいため、糖度の高い葡萄が出来ます。
その甲州種をステンレスタンクと、木樽で発酵させ8:2の割合でブレンドしました。
木樽の香りと、シュール・リー熟成によるふくよかさが楽しめます。
nullマグヴィス・ワイナリー K234 甲州 一宮町 卯ッ木田


マグヴィス・ワイナリー K234 
甲州 一宮町 卯ッ木田
生産地:日本 山梨県
葡萄品種:甲州種




山梨県でコンピューター用半導体の組み立てを行う塩山製作所が、
半導体製造のスタンスを持って始めた新ワイナリー。
ワイナリーの西に隣接する笛吹市一宮町の「卯ッ木田」畑からの甲州種の白。
葡萄の房を小さく育て、更に収量を下げた濃厚な実を、
10月下旬まで熟させ、木樽でゆっくり発酵後に、
ステンレスタンクで熟成させました。
甲州種の果実味と、オーク樽の風味が調和した豊かな味わい。
nullマグヴィス・ワイナリー K131 甲州 勝沼町 下川久保


マグヴィス・ワイナリー K131 
甲州 勝沼町 下川久保
生産地:日本 山梨県
葡萄品種:甲州種




山梨県でコンピューター用半導体の組み立てを行う塩山製作所が、
半導体製造のスタンスを持って始めた新ワイナリー。
ワイナリーの東に隣接する勝沼町下岩崎の「下川久保」畑からの甲州種の白。
酸化を避けて搾り、フリーラン果汁とプレスラン果汁を合わせて、
ステンレスタンクで発酵。横を流れる日川(ヒカワ)のお陰で、
畑は石と砂が多く、山からの冷風が川の上を流れる事で、
最上の甲州種が育つ区画です。
nullマグヴィス・ワイナリー K131 甲州 勝沼町


マグヴィス・ワイナリー K131 甲州 勝沼町
生産地:日本 山梨県
葡萄品種:甲州種





山梨県でコンピューター用半導体の組み立てを行う塩山製作所が、
半導体製造のスタンスを持って始めた新ワイナリー。
勝沼町産の甲州種を搾り、フリーラン果汁にプレスラン果汁を加えて、
ステンレスタンクで発酵熟成させた入門編の白。
フレッシュ&フルーティな果実味に、
甲州種特有の渋苦みがアクセントに効いています。
| Next»