nullCh カントナック・ブラウン マルゴー


Ch カントナック・ブラウン マルゴー
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィ二ヨン種65%、メルロ種35%




メドック格付け第3級に属するシャトー。カントナック村の内地区部にあり、砂礫質土壌のカベルネ・ソーヴィニヨン種からタニックなワインを造り出します。
nullCh トゥール・サン・ボネ メドック


Ch トゥール・サン・ボネ メドック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:メルロ種60%、カベルネ・ソーヴィニヨン種30%、プティヴェルド種5%




メドック北部のサン・クリストリー・メドックにあるメルレ・ラフォン家所有のシャトー。ロバート・パーカー氏もお気に入りで、力強さと品を兼ね備えたコストパフォーマンスのボルドーです。凝縮感があり、深い色合いのワインです。メルロ種60%、カベルネ・ソーヴィニヨン種30%、プティヴェルド種5%のブレンド。60%をセメントタンクにて、40%をオーク樽にて20ヶ月熟成(新樽比率30%)。
nullCh ラランド・ドーヴィヨン メドック


Ch ラランド・ドーヴィヨン メドック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種50%、メルロ種50%を栽培




メドック地区ブレイニャン村で23.5ヘクタールのシャトー。近年評価を上げており、クリュ・ブルジョワの認定を受けています。作付けはカベルネ・ソーヴィニヨン種50%、メルロ種50%で、平均樹齢は25年。発酵、熟成はタンクですが、全体の二割を樽で12ヶ月熟成させています。素晴らしい作柄だった2009年産が熟成を経て入荷しました。複雑な熟成香と、タンク熟成主体の果実感の両方が楽しめます。
nullル・クロワトル・ド・グラン・ピュイ・デュカス ポイヤック


ル・クロワトル・ド・グラン・ピュイ・デュカス ポイヤック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:メルロ種55%、カベルネ・ソーヴィニヨン種45%




ポイヤック村で40ヘクタールの畑を所有する名門、シャトー・グラン・ピュイ・デュカスで数種発売されるセカンドワインの一つ。この「クロワトル」は自社畑の内でも11ヘクタールの区画で、この年はメルロ種55%、カベルネ・ソーヴィニヨン種45%の葡萄から造られました。ふくよかな果実味と、ポイヤック村特有のタンニンが熟成を経て調和した頃でしょう。
nullクロ・デュ・ジョゲロン マルゴー


クロ・デュ・ジョゲロン マルゴー
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種30%、カベルネ・フラン種5%を栽培




マルゴー村でたった1.2ヘクタールの畑で始めた、年産約2500本の小さな生産者。畑はパルメに接する区画が中心で、樹齢は60年以上。畑にはカベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種30%、カベルネ・フラン種5%が栽培。発酵は野生酵母を用い、3~6週間も時間を掛けて行います。新樽4割で20ヶ月の熟成。凝縮した果実味と、マルゴー村特有の森の下草や、キノコ系の香が楽しめます。2005年産をパーカー氏は「ベリー系の果実味と、豊かなタンニンに、甘く長い余韻が続く」とコメントし、89~91点の高評価しています。
nullシャペル・ド・ポタンサック メドック


シャペル・ド・ポタンサック メドック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:メルロ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種、カベルネ・フラン種




メドック格付け第2級の筆頭、レオヴィル・ラス・カーズと同じドゥロン家がメドックに所有するシャトー・ポタンサックのセカンドワイン。完熟したカシスを思わせる果実味に、タンニンはきめ細やかで、旨味を感じる余韻が楽しめます。
nullレ・カイユー オー・メドック


レ・カイユー オー・メドック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種27%、フラン種5%、他




ボルドーにとって伝説となった2000年産。サン・テステフ村の北に位置するサン・スーラン・ド・カドルヌ村の葡萄(カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種27%、フラン種5%、他)を地元のネゴシアンが醸造。新樽5割で12ヶ月熟成後、タンクに移して10年以上も長期熟成させました。瓶詰めは2019年ですので、オリやコルク劣化の問題は少ないと思います。高価なうえにデリケートで扱いが難しいのが古酒ですが、このワインは安価で、瓶詰も最近ですから古酒の入門には最適の1本だと思います。
nullル・オー・メドック・ド・オー・バージュ・リベラル オー・メドック


ル・オー・メドック・ド・オー・バージュ・リベラル オー・メドック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、メルロ種40%



2007年より始めた格付け第5級のシャトー・オー・バージュ・リベラルがオー・メドックの区画から造るワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン種60%とメルロ種40%からなり、口当たりが柔らかく、上品でバランスの良い味わいです。
nullレ・トゥール・ド・ボーモン オー・メドック


レ・トゥール・ド・ボーモン オー・メドック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、メルロ種40%




ボルドーで大人気の自然派生産者、シャトー・ボーモンのセカンドワイン。シャトーはサン・ジュリアン村とマルゴー村の中間に位置するキュサック村にあります。平均樹齢15年~20年の若い木からの葡萄を使い、新樽を30%使用し熟成させます。カシスやベリーなど若々しい果実味と木樽の風味が楽しめます。
nullCh フルカ・デュプレ リストラック


Ch フルカ・デュプレ リストラック
生産地:フランス ボルドー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種44%、メルロ種44%、カベルネ・フラン種10%、プティヴェルド種2%を栽培



リストラック村でシャトー・フルカ・オスタンと人気を二分する実力あるシャトー。メルロ種の比率が高く、ふくよかでコクのある味わいです。