| Next»
nullタシュナー イルシャイ・オリヴェール ショプロン


タシュナー イルシャイ・オリヴェール ショプロン
生産地:ハンガリー ノーザン・トランスダニュービア
葡萄品種:イルシャイ・オリヴェール種





ワイナリーはハンガリーとオーストリアの国境付近のショプロンにあり、創業は1804年になります。現オーナーのクルト氏が1994年に引き継ぎ、栽培は減農薬農法を取り入れ、2004年にはワイナリーをリノベーションし、伝統の技に最新技術を取り入れたワイン造りをしています。地葡萄のイルシャイ・オリヴェール種で造られた、華やかな香りが特徴の辛口仕立ての白ワインになります。
nullニール・エリス ホワイトホール シャルドネ エルギン


ニール・エリス ホワイトホール シャルドネ エルギン
生産地:南アフリカ ウェスタン・ケープ
葡萄品種:シャルドネ種





南アフリカワインのトップリーダー的存在のニール・エリス。その革新的なワインへの取り組みは南アの原産地呼称法にも影響を与えたと言われています。エルギン地区はシャルドネ種とピノ・ノワール種の銘醸地として最も注目されています。このシャルドネ種からの白は南国系の香りにふくよかな果実味、骨格がしっかりとした酸味がバランスよく組み合わされ、芳醇な味わいです。
nullニール・エリス クローエンクルーフ シラー


ニール・エリス クローエンクルーフ シラー
生産地:南アフリカ ウェスタン・ケープ
葡萄品種:シラー種





南アフリカワインのトップリーダー的存在のニール・エリス。その革新的なワインへの取り組みは南アの原産地呼称法にも影響を与えたと言われています。シラー種からのワインは、バランスの良さと上品かつしっかりとした骨格を持っており、黒系果実とスパイシーなアロマが広がります。爽やかかつしっかりとしたタンニンを味わえる南アフリカ産赤ワインです。
nullニール・エリス クローエンクルーフ ソーヴィニヨン・ブラン


ニール・エリス クローエンクルーフ ソーヴィニヨン・ブラン
生産地:南アフリカ ウェスタン・ケープ
葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン種




南アフリカワインのトップリーダー的存在のニール・エリス。その革新的なワインへの取り組みは南アの原産地呼称法にも影響を与えたと言われています。ソーヴィニヨン・ブラン種からのワインは、魅力的なグリーンカラーに南国風のアロマにシトラスがほのかに香ります。いきいきとした酸味のある味わいと豊かな余韻が特長の南アフリカ産白ワインです。
nullニール・エリス カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロ ステレンボッシュ


ニール・エリス カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロ ステレンボッシュ
生産地:南アフリカ ステレンボッシュ
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種47%、メルロ種38%、カベルネ・フラン種15%



南アフリカワインのトップリーダー的存在のニール・エリス。その革新的なワインへの取り組みは南アの原産地呼称法にも影響を与えたと言われています。このワインは黒系果実やリコリス、スパイシーなシダーの香りが複雑に絡み合ったアロマ、味わいは程よい骨格と調和したタンニンにより、深みと複雑味を感じます。余韻に上品な木樽の風味と共に高級ワインの片鱗を感じさせる逸品です。
nullヴィラ・ヤンボル カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルヴ ブルガリア


ヴィラ・ヤンボル カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルヴ ブルガリア
生産地:ブルガリア トラキアン・ヴァレ
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種




ブルガリアの南部ギリシャ寄りの産地、トラキアン・ヴァレ地区で歴史ある大手生産者。自社畑でも優良な区画のカベルネ種を、75%フレンチオーク樽で9ヶ月以上熟成させて、タンク熟成の物とブレンドしました。黒みがかった色調を持ち、凝縮した果実味とタンニンがたっぷり楽しめます。ニューワールド産カベルネ種と違って果汁甘さが無く、日々の食事と共に楽しめるフルボディ・タイプです。
nullスターク・コンデ カベルネ・ソーヴィニヨン ステレンボッシュ


スターク・コンデ カベルネ・ソーヴィニヨン ステレンボッシュ
生産地:南アフリカ コースタル・リージョン
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン種85%、プティ・ヴェルド種5%、マルベック種4%、カベルネ・フラン種4%、メルロ種2%


南アフリカのトップワイナリーの一つ、ニール・エリスへ葡萄の供給を行ってきたホセ・コンデ氏が1998年に立ち上げた自身のブランド。初ヴィンテージがいきなりワインショーでトロフィを受賞し、南アフリカのトップ・カベルネに選ばれました。南アフリカのワインガイド「プラッターズ」でもフラグシップのカベルネが最高評価の5★を獲得しています。
nullパパリ・ヴァレー サペラヴィ クヴェヴリ No.16


パパリ・ヴァレー サペラヴィ クヴェヴリ No.16
生産地:ジョージア カヘティ
葡萄品種:サペラヴィ種





パパリ・ヴァレーはジョージアの東、カヘティ地方アハシェニ・ヴァレーに2004年に設立された小規模の自然派ワイナリーで、「パパリ」とはジョージア語で「馬のたてがみ」を意味し、ラベルにはワイナリーのロゴでもある『馬』が描かれています。クヴェヴリでの古典的な醸造技術に現代の手法を取り入れ、保守的でありながらも革新的なワイン造りを行っています。サペラヴィは「色をつける」という意味を持つ色の濃い品種で、ワインは先が見えないほどの濃い色合いで、芳醇な果実味にアルコールの高さと適度な酸が伴った凝縮感のある味わいです。
nullラダチーニ メルロ ロゼ モルドヴァ


ラダチーニ メルロ ロゼ モルドヴァ
生産地:モルドヴァ コドゥル
葡萄品種:メルロ種





手摘みしたメルロ種を房のままプレスし、温度管理したステンレスタンクで発酵させたロゼワイン。淡いピンクの色調、ベリー系の香りが華やかで、フレッシュでキュートな果実味を持った爽やかな辛口です。
nullハインリッヒ ネイキッド ホワイト ブルゲンラント オーストリア


ハインリッヒ ネイキッド ホワイト ブルゲンラント オーストリア
生産地:オーストリア ブルゲンラント
葡萄品種:シャルドネ種、ピノ・ブラン種主体、ベルシュ・リースリング種、ノイブルガー種、他数種



オーストリア・ノイジードラーゼー地区でビオディナミ栽培を実践し、自然派のワインで最高の評価を受けているハインリッヒ氏。葡萄はシャルドネ種、ピノ・ブラン種主体に、ベルシュ・リースリング種、ノイブルガー種、他数種のブレンド。果皮、種と共に1晩浸漬後、自然酵母と大樽で発酵、熟成(シュール・リーで10ヶ月)。醸造中は酸化防止剤を使わず、果汁に果皮と種を漬け込む事でオレンジの色調を帯び、皮と種から苦旨味と複雑さが加わります。ノンフィルターで瓶詰めし、自然の旨みがたっぷりのオレンジワイン・タイプ。生産者はグラスに注ぐ前に、瓶をひっくり返してオリを混ぜてから味わって欲しいそうです。
| Next»