| Next»
nullヨーゼフ・ビファー シャルドネ トロッケン ファルツ QbA


ヨーゼフ・ビファー シャルドネ トロッケン ファルツ QbA
生産地:ドイツ ファルツ
葡萄品種:シャルドネ種




ヨーゼフ・ビファーは1879年よりダイデスハイムで続く名門で、2013年より日本人の徳岡史子女史が社長兼醸造家に就任し、より高品質なワインを生産しています。自然に逆らわず、畑や葡萄が持つ個性を最大限に引き出し、ヴィンテージの違いも楽しみながら醸造されるワインは、きれいな酸味とピュアな果実味に溢れています。桃やリンゴ、パイナップルなどの豊かな果実と微かな木樽の香りがあり、しっかりとした果実味と心地よい酸味とのバランスが良い辛口になります。
nullヨーゼフ・ビファー リースリング トロッケン ファルツ QbA


ヨーゼフ・ビファー リースリング トロッケン ファルツ QbA
生産地:ドイツ ファルツ
葡萄品種:リースリング種




ヨーゼフ・ビファーは1879年よりダイデスハイムで続く名門で、2013年より日本人の徳岡史子女史が社長兼醸造家に就任し、より高品質なワインを生産しています。自然に逆らわず、畑や葡萄が持つ個性を最大限に引き出し、ヴィンテージの違いも楽しみながら醸造されるワインは、きれいな酸味とピュアな果実味に溢れています。トロッケンは、フレッシュな柑橘系のアロマを持ち、リースリング種独特のリッチな果実味と生き生きとした酸味とのバランスが心地よい辛口です。
nullホスピティエン・トリアー リースリング QbA デミ・ドライ


ホスピティエン・トリアー リースリング QbA デミ・ドライ
生産地:ドイツ モーゼル
葡萄品種:リースリング種




ローマ時代の建造物が数多く残る歴史都市、トリアーにある慈善連合組合の醸造所。1794年、それまで別々に運営されていた慈善院、養老院、福祉院がひとつにまとめられ誕生しました。自社畑の総面積は約55ヘクタール。今もなお、この醸造所でつくられるワインの収益は慈善事業のために使われています。ワインは典型的なモーゼルタイプで、フルーティで生き生きとした酸が特徴です。やや辛口。定価の半額となる超特価で入荷しました。
nullベルンハルト・コッホ カベルネ・ドルサ QbA トロッケン


ベルンハルト・コッホ カベルネ・ドルサ QbA トロッケン
生産地:ドイツ ファルツ
葡萄品種:カベルネ・ドルサ種





ファルツ州のハインフェルトにある家族経営のワイン生産者ですが、そこでワイン造りをするのは、兵庫県出身の坂田千枝さん。幼い頃から果樹栽培の仕事をしたいと考えていて、ラインガウやアールで研修を積みました。2013年末から、コッホで働いています。カベルネ・ドルサ種をステンレスタンクで醗酵後、樽で18ヶ月熟成させます。ブラックベリー、ブルーベリーやダークチェリーなどの果実の香り。長い余韻が楽しめます。
nullシュロス・リーザー ニーダーベルグ ヘルデン アウスレーゼ ★★★


シュロス・リーザー ニーダーベルグ ヘルデン アウスレーゼ ★★★
生産地:ドイツ モーゼル
葡萄品種:リースリング種




現在、モーゼル地方で最高評価を受けているフリッツ・ハーク氏の長男、トーマス・ハーク氏が1992年から運営するシュロス・リーザー。03年はベーレンアウスレーゼ並の糖度がありました。厚みがあり、クリーンで、少しだけ貴腐が付き、アイスワインのようでした。現在のアウスレーゼは、ノーマル、ゴールドカプセル、ロングゴールドカプセルとレベルが上がっていきます。★★★は今ではロングゴールドカプセルと同じ位置づけです。よりエキス分の高い優れた葡萄を意味しています。ワインスペクテーター93点評価。
nullミューレンホフ リースリング エルデナー・トレプヒェン シュペートレーゼ


ミューレンホフ リースリング エルデナー・トレプヒェン シュペートレーゼ
生産地:ドイツ モーゼル
葡萄品種:リースリング種




超一流畑のみを所有するゴーミヨ3房生産者。エルデナー・トレプヒェンの畑は斜度70%の南向き急斜面にあります。土壌は風化した粘板岩で、少し赤色が混ざっています。生産者のセラーで長期間ゆっくりと熟成させました。綺麗なミネラルがあり集約された果実味と品の良い甘さがあります。甘口。
nullゾルター ロゼ ゼクト ブリュット


ゾルター ロゼ ゼクト ブリュット
生産地:ドイツ ラインガウ
葡萄品種:ピノ・ノワール種





ゾルター社はラインガウ地方を代表するワイン産地
リューデスハイム村にあります。ここはスティルワインは
一切造らずゼクト(スパークリングワイン)のみを扱う
ゼクト専門のゼクトグートです。瓶詰め以降だけを
行っているのではなく、全ての商品は自社で所有し
管理している畑の葡萄から造られています。
シュペートブルグンダー種(ピノ・ノワール)の産地として
有名なアスマンズハウゼンの畑の葡萄が大半を占めています。
口当たりがやわらかな辛口仕立てのゼクトです。
乾杯の最初の一杯だけではなく、
食事と共に楽しんでいただくと
このゼクトの良さをより感じていただけます。
nullクナウス リースリング グード・ヴァイン トロッケン ヴュルテンベルグ


クナウス リースリング グード・ヴァイン 
トロッケン ヴュルテンベルグ
生産地:ドイツ ヴュルテンベルグ
葡萄品種:リースリング種




ダイムラーやポルシェの本社があることで有名な
シュトゥットガルト近郊で造られている
ビオロジック(有機栽培)ワインです。
砂岩土壌を中心とし土壌の異なる複数の畑の葡萄を
ブレンドし複雑で骨格がしっかりしているタイプです。
この2018年産は、暑い年の熟した葡萄による
果実味のふくよかさと酸が調和しドイツワイン独特の
繊細さも感じられます。綺麗で澄んだ造りなので
幅広い料理と合わせられます。また、ご家庭の食卓などで
食事中を通して飲む時にも適しています。
モーゼル地方の辛口リースリング種とは異なる
ドイツワインを体感していただきたいです。
nullクナウス レンベルガー トロッケン ヴュルテンベルグ


クナウス レンベルガー トロッケン ヴュルテンベルグ
生産地:ドイツ ヴュルテンベルグ
葡萄品種:レンベルガー種





ダイムラーやポルシェの本社があることで有名な
シュトゥットガルト近郊で造られている
ビオロジック(有機栽培)ワインです。
ライトな口あたりでやわらかくコクもある味わいです。
やさしさの中に芯がしっかりしている雰囲気で、
クナウスの赤ワインを代表する一本と言えます。
赤ワインですが和食との相性も抜群で
どんな料理とも合わせやすいです。
nullハインリッヒ・シュピンドラー ゲヴュルツトラミネール ファインヘルプ ファルツ


ハインリッヒ・シュピンドラー 
ゲヴュルツトラミネール ファインヘルプ ファルツ
生産地:ドイツ ファルツ
葡萄品種:ゲヴュルツトラミネール種




シュピンドラー家は17世紀から続く名家で、
ファルツ地方の心臓部といっても過言ではない
ミッテルハート村にあります。
ほのかな甘口タイプでライチやバラの香りは控え目で、
そのことが逆にお食事と合わせやすいバランスとなっています。
ハムや冷製ソーセージ、フィンガーフードなど、
パーティーなどの前菜全般、中華やエスニックなど
辛みやスパイスのある料理とも相性がよいです。
ご家庭での和のテイストのある料理とも
食事に寄り添ってお楽しみいただけます。
| Next»