Archives

ジョルジュ・ノエラ ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ・レ・ブード’82
ジョルジュ ノエラ ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ レ ブード ’82
価格 ¥7,800(税込)
試飲日 2006年8月25日
生産地:フランス ブルゴーニュ
AOC:ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ
葡萄品種:ピノ・ノワール


蔵出し品で、貼られたばかりのシミ一つ無い綺麗なラベルです。液面はコルクとの間2~3mmと高く、コルクはうっすら紫色が付いてる程度であるから、リコルクしてから日は浅いと思われます。
色は薄くレンガ色で、香りは腐葉土がありちょっと弱めで広がってきませんが特に悪いところはありません。82年のブルゴーニュは8月後半に降り出した雨のせいで水っぽい風味のワインが多かったようですが、このワインは20年以上経った古酒とは思えないぐらい味わいに生気が感じられます。
82年のボルドーは高過ぎて買えず、ブルゴーニュは薄いから買いたくないと思っていた82年生まれの人には嬉しい一本です。

フジヰポイント

IP 85点

シャトー・パプ・クレマン ペサック・レオニャン’96
シャトー パプ クレマン ペサック レオニャン ’96
価格 ¥9,000(税込)
試飲日 2006年7月21日
生産地:フランス ボルドー
AOC:ペサック・レオニャン
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニョン58%、メルロ42%


パーカー・ポイントが94点と高得点がつけられた96年のパプ・クレマン。フジヰでも納得の高得点でした。
粘土、煙草、カシスの中にキノコや醤油の熟成香があり、それに少し青物の香り、後からアニマル臭、ラムの炭火焼の香りがあらわれます。何層にもなる複雑な風味は10年経って飲み頃となり、凝縮感のある果実味はまだ若さがあって、味わいにも赤ピーマンを思わせる甘味のある青さがあります。
現オーナーであるマグレ氏は、エグ味を出さないように2001年より粒選りを始めたので、重みがあって凝縮感のある果実味の中に青っぽい風味があるという味わいはもう無くなるかもしれません。この先、値段は上がる一方なので1万円を切る今がお買い得です。

フジヰポイント

IP 92点

フィリップ・エ・ヴァンサン・レシュノー ブルゴーニュ・アリゴテ’02
フィリップ エ ヴァンサン レシュノー ブルゴーニュ アリゴテ ’02
価格 ¥1,700(税込)
試飲日 2006年8月5日
生産地:フランス ブルゴーニュ
AOC:ブルゴーニュ・アリゴテ
葡萄品種:アリゴテ


4年の熟成を経たアリゴテが嬉しい価格で入荷。香りに松ヤニ、バナナ、チーズケーキ、そして後からトマトがあらわれます。果実味は少し熟成の進んだ感がありますが、味わいに広がるものがあり、余韻にはシャンパーニュのピノ・ムニエを思わせる風味があります。古酒がお好きな方にオススメします。

フジヰポイント

IP 85点
フィリップ・エ・ヴァンサン・レシュノー ニュイ・サン・ジョルジュ’02
フィリップ エ ヴァンサン レシュノー ニュイ サン ジョルジュ ’02
価格 ¥4,700(税込)
試飲日 2006年8月4日
生産地:フランス ブルゴーニュ
AOC:ニュイ・サン・ジョルジュ
葡萄品種:ピノ・ノワール


現在は二人の兄弟で営んでおり、父フェルナン(86年死去)がいた頃にはその殆どをネゴシアンに売り渡していたワインも、兄のフィリップが耕作をし、弟のヴァンサンが醸造をする事によって91年には全て元詰めされるようになりました。
ワインは清澄、ろ過を一切せず果実の旨味を生かしたもので、澄んだ味わいながら腰を据えた強さがあり、樽の風味とともに楽しめます。抜栓直後に強かったベーコンなどのスモーク感は、時間を置いてロースト感が強くなり、ゴマ、麦茶の風味があらわれます。

フジヰポイント

IP 89点

ジャン・ミッシェル・ギュイヨン モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ・ラ・リオット’01
ジャン ミッシェル ギュイヨン モレ サン ドニ プルミエ クリュ ラ リオット ’01
価格 ¥4,600(税込)
試飲日 2006年8月11日
生産地:フランス ブルゴーニュ
AOC:モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ
葡萄品種:ピノ・ノワール


モレ・サン・ドニはジュヴレ・シャンベルタンとシャンボール・ミュジニーの間にあり、ジュヴレ村は力強さ、シャンボール村は女性的とそれぞれにワインが形容されてますが、このワインは両隣の村の特徴を兼ね備えたモレらしさが表現されています。
丸みを帯びた柔らかい果実味に複雑さ、旨味が合わさり、辛さを含んだ刺激のある余韻が続き、香りは、粘土、銀杏、落ち葉、どんぐりと秋の季節を連想させ、香りだけでも嬉しい気持ちにさせてくれます。

フジヰポイント

IP 90点
シャトー・スゴンザック ヴィエイユ・ヴィーニュ プルミエール・コート・ド・ブライ’02
シャトー スゴンザック ヴィエイユ ヴィーニュ プルミエール コート ド ブライ ’02
価格 ¥2,100(税込)
試飲日 2006年7月21日
生産地:フランス ボルドー
AOC:プルミエール・コート・ド・ブライ
葡萄品種:メルロ60%、カベルネ・ソーヴィニョン20%、マルベック10%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド5%


タールやコーヒー豆の少し重たい香りとカシスを帯びた甘いチョコレートの香りがあります。時間を置いてバター風味があらわれ、抜栓直後には少し閉じ気味だった味わいも複雑さが出てきてメルローの柔らかな果実味とともに楽しめます。

フジヰポイント

IP 90点

プリンシペ・デ・ヴィアナ カベルネ・ソーヴィニョン・クリアンサ ナヴァーラ’02
プリンシペ デ ヴィアナ カベルネ ソーヴィニョン クリアンサ ナヴァーラ ’02
価格 ¥1,050(税込)
試飲日 2006年7月7日
生産地:スペイン エブロ
DO:ナヴァーラ
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニョン


2002年のスペインは難しい年だったらしく、多くの生産者がワインの質を落としており、スペインには比較的良い点数をつけているパーカー氏も厳しい評価をしています。そんな難しい年の中でもプリンシペ・デ・ヴィアナは良いものを造り上げています。
12ヶ月オーク樽で熟成されたワインは、カカオ、ヴァニラ、紅茶、煙草、スパイスの香りがあり、干したニュアンスのある果実味にタンニンが溶け込んでいます。複雑な風味があり、時間が経ってからは青い風味があらわれ、酸味も伸びてきます。

フジヰポイント

IP 84点

ヴィーニャ・サンタ・マリーナ エクウス’01
ヴィーニャ サンタ マリーナ エクウス ’01
価格 ¥950(税込)
試飲日 2006年7月7日
生産地:スペイン
Vino de la Tierra de Extremadura
葡萄品種:テンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニョン、シラー


エクウスは「馬」の意。濃厚な味ではないですがブレンドの妙で、熟した果実の甘味、酸味、タンニン、辛さのバランスが取れ、味わいに奥行きがあります。スペインの2001年は良好な年で、しっかりした味わいのものが多く、このエクウスも5年の熟成で趣が生まれ、今が飲み頃となっています。

フジヰポイント

IP 83点

フィリップ・シャヴィ ブルゴーニュ・ブラン’04
フィリップ シャヴィ ブルゴーニュ ブラン ’04
価格 ¥2,900(税込)
試飲日 2006年8月11日
生産地:フランス ブルゴーニュ
AOC:ブルゴーニュ
葡萄品種:シャルドネ


ACブルゴーニュの域を超えてピュリニー・モンラッシェを彷彿させる出来です。梨、林檎の芳醇なアロマにジンジャーの香り、時間を置くとカスタードクリームやナッツの香りが出てきます。ミネラルが豊かで酸味が綺麗に伸び、フレッシュな苦味からくるグレープフルーツ風味がアフターにあります。2日目には苦味も消え、果実味に酸味が馴染んだ感があり味が伸びました。間違いなくお買得です!

フジヰポイント

IP 90点

アントナン・ギヨン ペルナン・ヴェルジュレス・ルージュ’99
アントナン ギヨン ペルナン ヴェルジュレス ルージュ ’99
価格 ¥2,800(税込)
試飲日 2006年8月4日
生産地:フランス ブルゴーニュ
AOC:ペルナン・ヴェルジュレス
葡萄品種:ピノ・ノワール


99年のブルゴーニュの村名クラスは、今飲むと開いてないものが多くて少し残念な気持ちになります。そんな中で、このペルナン・ヴェルジュレスはスワリングをするだけで風味が広がっていく嬉しい一本です。
熟成されたきれいな酸味が心地よく、カカオや紅茶などの品のある香りも感じる事ができ、細かなタンニンとこなれた風味がバランス良く楽しめます。

フジヰポイント

IP 85点

マルセル・ラピエール・エ・クリストフ・パカレ シルーブル’05
マルセル ラピエール エ クリストフ パカレ シルーブル ’05
価格 ¥3,150(税込)
試飲日 2006年8月4日
生産地:フランス ブルゴーニュ
AOC:ボージョレ
葡萄品種:ガメイ


ビオディナミで有名なフィリップ・パカレの従兄弟であるクリストフは、叔父であるマルセル・ラピエールのエスプリを受け継ぎ、フィリップと同じくビオディナミ農法をもってテロワールの表現に励んでいます。
フランボワ、梅、ブルーベリーなどの果実香に煙草の葉、アルコール感のある芋焼酎の香りがあり、柔らかい舌触りですが味わいはまだ閉じ気味の様子。時間を置いて甘味と白胡椒を思わせる風味があらわれ、アフターに中国茶があり、ほんのりと残る渋味が楽しめます。

フジヰポイント

IP 86点
マルセル・ラピエール ボージョレ’05
マルセル ラピエール ボージョレ ’05
価格 ¥2,100(税込)
試飲日 2006年8月4日
生産地:フランス ブルゴーニュ
AOC:ボージョレ
葡萄品種:ガメイ


化学肥料を使わない完全な有機農法を実践し、テロワールの表現を追求している生産者。葡萄の皮に付く天然酵母のみで発酵し、人為的にSO2を一切添加せず、ノン・フィルターで瓶詰めというこだわりを持って醸造に取り組んでいます。酸化防止剤を使用してないため、保存には細心の注意が必要となります。
香りは、梅、ザクロ、ドライフルーツ、紅生姜があり、クランベリー風味主体の果実味は時間を置いて、苺風味に変わります。爽やかな風味は少し冷やしたぐらいが楽しめますね。

フジヰポイント

IP 84点
ブリュノ・リュパン ルーセット・ド・サヴォワ・フランジィ’05
ブリュノ リュパン ルーセット ド サヴォワ フランジィ ’05
価格 ¥1,900(税込)
試飲日 2006年7月14日
生産地:フランス サヴォワ
AOC:ルーセット・ド・サヴォワ
葡萄品種:ルーセット


生産量の殆どが両親の営むオーベルジュとレストランで売れてしまうため、稀少なワインとなっております。サヴォワのワイン自体あまり見かけないですけど。
ほんのり甘味のあるやや辛口タイプ。ふっくらした果実味に爽快な酸味、ミネラルが合わさり、風味は梨、オレンジ、林檎を思わせます。ジントニックのような柑橘の皮のフレッシュな苦味がより爽やかさを感じさせてくれます。

フジヰポイント

IP 85点

ニコラ・ジョリー サヴニエール・レ・ヴュー・クロ’04
ニコラ・ジョリー サヴニエール・レ・ヴュー・クロ ’04
価格 ¥4,000(税込)
試飲日 2006年7月14日
生産地:フランス ロワール
AOC:サヴニエール
葡萄品種:シュナン・ブラン


クーレ・ド・セランに比べると色調は薄く、こちらもアルコールによる刺激は受けますが程度は低く香りに広がりがあります。味わいにマデリゼのような酸化した風味があり一瞬の抵抗が生まれるのですが、それも空気に触れるたびに熟した果実へと変化していき、魅惑の一つとして楽しめるようになります。

フジヰポイント

IP 87点
ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’04
ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン ’04
価格 ¥9,000(税込)
試飲日 2006年7月14日
生産地:フランス ロワール
AOC:サヴニエール・クーレ・ド・セラン
葡萄品種:シュナン・ブラン


ビオディナミの伝道師ニコラ・ジョリーは、化学薬品を捨ててから二十数年経った今、貴腐葡萄を多く混ぜる事で質の向上を目指しています。現時点で最高傑作とされる2004年は20%が貴腐葡萄です。
まだアルコール辛さが支配的ですが、上品な味わいでパインを思わせる甘い果実も感じられます。香りは重たさを感じるものがトップにありますが、すりおろした林檎、生姜、それに甘さのあるピーチ、カスタードがありました。
1日経ってもアルコール辛さが薄れる程度で風味に大きな変化はなく、どれくらい待てば良いの?と思ってしまいます。忍耐力のある人にオススメします。

フジヰポイント

IP 85点(現時点) 将来性は90点以上